女性ホルモンの周期を知り、適度なダイエットをすることで理想の体型に

まず女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがあります。

 

 

エストロゲンは生理後に分泌量が増え、肌の調子を整えるなど女性らしい身体を作るホルモンです。この期間は水分を排出する時期なのでダイエットに適しており痩せやすくなります。そしてプロゲステロンは水分や栄養を溜め込みやすい性質があります。つまりこの期間は痩せにくくなるのです。このような仕組みを知り、ダイエットをするタイミングを調整するだけで効率アップに繋がるのです。

 

 

ではそれぞれの期間に合ったダイエットの方法を説明しましょう。まず生理後は痩せやすい時期です。基礎代謝を上げ効率的にダイエットすることをオススメします。全身を使うランニングや軽い筋トレをして体脂肪が燃えやすい身体を作りましょう。そして食事は糖質を抑え、卵や赤身肉、大豆製品などのタンパク質を多く取ると効果的です。

 

 

ただ過度な食事制限はやめましょう。食事量を極端に減らすとせっかく運動で上げようとしている代謝量が急激に落ちてしまいます。あくまでも健康的な食事を心がけましょう。またエストロゲンが活発に分泌するのは約1週間です。1週間だけ頑張ろうという気持ちで取り組めばモチベーションを保つことができます。

 

 

そしてその期間が終わるとだんだんエストロゲンは減少してプロゲステロンの分泌量が多くなります。栄養や水分を溜め込むだけでなく食欲が増進してしまう時期でもあります。そのためせっかく減らした体重の増加をできるだけ抑える必要があります。つまり痩せにくくなる時期とはいえ、好き勝手食べたり運動を怠ったりするのではなく自己管理をしっかりする必要があるのです。

 

 

まず食事ですが、どうしても食欲が増してしまいますので、それを抑えるためによく噛んで食べること、間食をナッツやドライフルーツなどのヘルシーなものにすること、身体を温め代謝を増やすために白湯を積極的に飲むことをオススメします。これだと簡単にできますし、食べ過ぎを防ぐことができます。またながら喰いをやめることも良いでしょう。

 

 

とにかく食事量を減らすより、食欲を減らすことを意識することが大切です。次に運動ですが、むくみを防ぐためにストレッチやヨガをして血流を促進させると良いでしょう。また姿勢を正したりできるだけ階段を使うなど日常の中で自然と行うことを取り入れるとストレスも少ないです。このように食欲を減らし、軽い運動をすることで生理前と生理中の体重増加を抑えることができるのです。

 

 

ただこの時期にどうしても体重が増えてしまうことがあってもそれは女性ホルモンによるもので、落ち込む必要はありません。女性ホルモンの周期を知り、適度なダイエットをすることで焦らずゆっくりと理想の体型に近づきましょう。